富山銀行カードローンは審査甘い?借入や返済方法、金利など口コミ・評判で比較

富山銀行カードローン、とやまカードローンスピード王MAXの特徴

一定の収入があればアルバイトや年金受給者などでも利用することができ、富山銀行の口座を持っていればWEB上で契約まで済ませることができるカードローンです。

富山銀行の営業エリア内にお住まいやお勤めの方向けなので、他のエリアの方は利用することはできません。

とやまカードローンスピード王MAX

  • 金利
    4.5%~14.6%
  • 借入限度額
    500万円まで(正社員)
    50万円まで(パート、アルバイト、専業主婦)
    20万円まで(年金受給者)
    10万円まで(学生)
  • 担保保証人
    不要

富山銀行カードローン

  • 金利
    11%
  • 借入限度額
    30万円と50万円
  • 担保保証人
    不要
  • 保証会社
 地元の銀行だから、で選んでいませんか?
あなたの希望を満たしてくれるカードローンとは?
地元の富山銀行だから安心!でも、必ずしもあなたの希望を満たすとは限りません!

即日融資が可能だったり金利が低かったり、もっと利便性が高いカードローンがあるかもしれません。

あなたにおすすめのカードローンは

今すぐに借りる
早さより低金利

富山銀行カードローンと他カードローン違いを比較

それでは、富山銀行カードローン、とやまカードローンスピード王MAXと他の主な銀行系のカードローンを比べてみましょう。金利や、借入限度額、口座開設が必要かどうか、融資や返済の際の提携ATM利用手数料を比較します。

カードローン 金利 限度額 口座開設 提携ATM
利用手数料
とやまカードローンスピード王MAX 4.5%~14.6% 500万円(正社員のみ) 必要 108円~216円
富山銀行カードローン 8.5%~11% 30万円、50万円 必要 108円~216円
みずほ銀行 2.0%~14.0% 800万円 必須 108円~216円
三井住友銀行 4.0%~14.5% 800万円 不要 原則無料
りそな銀行 3.5%~12.475% 800万円 必須 108円~216円

以上のように他の銀行系のカードローンと比べると、富山銀行カードローン、とやまカードローンスピード王MAXは金利が高いことが目立ちます。また口座開設をする必要があり、提携ATMの利用手数料も必要となります。

金利で選ぶのであれば富山銀行カードローンは11%、とやまカードローンスピード王MAXは4.5%~14.6%であることに対して、みずほ銀行は2.0%~14.0%となっています。コンビニなどのATMを利用すると手数料が発生しますが、みずほ銀行のATMであれば手数料は必要ありません。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年2.0%~14.0% 2〜3営業日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
2〜3営業日 不要

富山銀行カードローン、とやまカードローンスピード王MAXのメリット デメリット

それでは、富山銀行カードローン、またとやまカードローンスピード王MAXのメリットやデメリットを、詳しくご紹介します。

富山銀行カードローン、とやまカードローンスピード王MAXのメリット

富山銀行カードローンは、富山銀行の口座を持っていればWEB上で全ての手続きができます。

WEB上で全ての手続きが完了

富山銀行の口座を持っている必要があるのですが、WEB上で全ての手続きが終了します。平日の銀行が開店している時間に、来店できない方も大勢いらっしゃるでしょう。そこでWEBであれば、24時間申し込みが可能なのです。

しかし口座を持っていない場合は、窓口へいき口座を申し込みする必要があります。とやまカードローンスピード王MAXを利用する場合は、審査が終わった時点で口座を作るので、無駄に口座を作る必要はありません。

資金使途が自由

富山銀行カードローンは資金使途が自由です。しかし事業性の資金に関しては対応していません。

アルバイトやパート年金受給者でも申し込み可

毎月一定の安定した収入があれば、アルバイトやパートまた年金受給者でも申し込みをすることができます。また専業主婦であっても、配偶者のお勤め状況により申し込み可能です。

富山銀行カードローンは低金利

30万円、50万円の少額の借り入れでも金利が11%と、とても低いのが魅力です。
また条件によっては金利が8.5%まで下がることも!

項 目 引下げ幅
給与振込(毎月5万円以上)、年金振込のある方 ▲0.5%
積立性預金(財形・定積・積定)毎月掛込合計1万円以上のある方 ▲0.5%
公共料金自動振替(2件以上)ご利用の方 ▲0.5%
定期・国債(合計50万円以上)のある方 ▲0.5%
住宅ローン、住宅金融支援機構ご利用の方 ▲0.5%
1年間の決済状況が優良な方 ▲0.6%

富山銀行カードローン、とやまカードローンスピード王MAXのデメリット

決してメリットばかりではありません。富山銀行カードローン、とやまカードローンスピード王MAXのデメリットをご紹介します。

金利が高めの設定

とやまカードローンスピード王MAXは4.5%~14.6%と、大手消費者金融と比べると低めですが、他にさらに金利が低い銀行系カードローンがあります。

口座を作る必要がある

富山銀行カードローンを利用するためには、すでに富山銀行の口座があるか、もしくは新規で作る必要があります。

提携ATMの手数料がかかる

富山銀行カードローンは、ゆうちょ銀行やセブン銀行など提携のATMからの融資を受けることができるのですが、手数料が105円~210円必要となります。

富山銀行の営業エリア以外の方は利用できない

富山銀行の営業エリア内に住んでいるか、もしくは勤めている方が対象のカードローンとなるため、営業エリア外の方は利用することができません

富山カードローンに向いている人と向いてない人

向いている人
  • WEB上で手続きを終わらせたい方
  • 消費者金融よりも金利が低いカードローンを探している方
  • 富山銀行の口座をすでに持っている方
  • 富山銀行の営業エリア内に住んでいる人
向いていない人
  • すぐに融資を受けたい人
  • より金利の低いカードローンを選びたい人
  • 富山銀行の営業エリア以外に住んでいる人
  • カードローンを利用するために、銀行口座を作りたくない方

以上のような方は富山銀行カードローンは向いていません。とやまカードローンスピード王MAXは富山銀行カードローンよりもスムーズに手続きができる分早くなるのですが、それでも即日融資を受けることはできません。

すぐに融資を受けたいのであればプロミスがおすすめです。プロミスは無人契約機が全国にあるため、最短30分もあれば手続きが終了し、カードを受け取り融資を受け取ることができます。他にも店頭窓口で申し込みをしても即日融資を受けられる可能性があります。

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間

金利をなるべく安くしたいのであれば、みずほ銀行のカードローンがおすすめです。みずほ銀行は銀行系のカードローンの中でも、2.0%~14.0%と低めの金利が設定されています。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年2.0%~14.0% 2〜3営業日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
2〜3営業日 不要

富山銀行カードローン、とやまカードローンスピード王MAXの必要書類

富山銀行カードローンを申し込む時は、

  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート

などの身分を証明できる書類が必要になります。

申し込み時の必要なもの

他にも申し込み時に必要なものがございます。それぞれ詳しくご紹介します。

50万円以上の申し込みをする場合

50万円以上の申し込み希望の場合は公的所得証明書や源泉徴収票、自営業の方は確定申告書のコピーが必要となります。50万円以下の申し込みであれば、原則必要ありません。

普通預金通帳とお届け印

いずれのカードローンも富山銀行の口座が必要になります。正式契約をする時に、普通預金口座の通帳とお届け印が必要になります。契約時に口座がない場合は、先に口座を新設する必要があります。

その他特筆すべき必要書類

契約完了後に書類が郵送されるため、郵送物を受け取りたくない方は富山銀行カードローンを利用することはできません。しかし郵送物にカードローンとは書かれていないため、プライバシーは守られます。

富山銀行カードローン、とやまカードローンスピード王MAXの審査条件

富山銀行カードローンを利用するための審査基準は、毎月安定した収入があることが必要となります。毎月返済をできることが、富山銀行カードローンを利用する条件となるのです。

審査条件

富山銀行カードローンは給与所得している場合は同じ勤務先で2年以上、自営業の場合は3年以上勤めている必要があります。また満20歳以上で60歳未満の方が対象となります。

とやまカードローンスピード王MAXは満20歳以上70歳以下の方が対象で、安定した収入があれば年金受給者やアルバイト、パート、主婦の方でも申し込むことができます。富山銀行カードローンのように、決まった勤続年数は提示されていません。

審査にかかる日数

富山銀行カードローンは審査がより厳しく、来店する必要があります。そのため融資を急いでいる方には向きません。

とやまカードローンスピード王MAXは来店しなくてもWEB申し込みをすることができ、スムーズに手続きができる分、審査にかかる日数はとやまカードローンスピード王MAXの方が早くなる可能性が高いです。

審査に通らない原因

審査に通らない原因は公表されないのですが、以下のような状況であれば審査に通るのが難しくなります。

申し込み内容に偽り

収入や勤め先に偽りがあると、審査に通る可能性はありません。信用情報機関のデータと照会をされるため、すぐに偽りの情報はばれてしまいます。また今後申し込みができなくなることもあるので、絶対にしないようにしてください。

収入が安定しない

毎月の収入が安定しない方も、審査には通りづらくなります。収入額はもちろんのことながら、会社規模や雇用形態、勤続年数も影響しています。

他社からの借り入れ

他社からの借り入れ状況も審査されます。他社からの借り入れが多いと、返済不可と判断され審査落ちする可能性があります。

同時に複数社に申し込む

同時に複数のカードローン会社に申し込むと、ブラックとして扱われ審査落ちする可能性があります。

審査に関する口コミ

それでは、実際に審査を受けた口コミをご紹介します。それぞれ状況によって審査内容は異なりますが、参考になるでしょう。

40代 男性
ダメ元で富山スピードにネットで申し込んだら何と50万で可決しました!
自営にもかからわずに、ここの口座を持っていたので来店も不要です
40代 男性
審査スピードは早い為、即日で手続きが進みました。
30代 男性
2時までに来店すればその日に融資してもらえますよ!契約条件ですが悪くは無かったですね。
妥当な判断の限度額に銀行系の金利。

いずれも価格コムより抜粋 引用元:https://review.kakaku.com/

以上のように、納得いく融資額を、その日に融資を受けたという声が多いです。いずれも富山銀行の口座を持っている場合ですが、銀行系のカードローンとしては審査が早い部類になります。

富山銀行カードローン、とやまカードローンスピード王MAXの返済方法

それでは富山銀行カードローン、とやまカードローンスピード王MAXの返済方法をご説明します。返済日に遅れてしまうと延滞利息がつくだけではなく、長期間になってしまうとカードローン自体が使えなくなることもあるのでよく確認をするようにしてください。

返済方法(ATMや引き落としなど)

とやまカードローンスピード王MAXの返済方法は、毎月10日に指定の口座からの引き落としもしくは提携しているセブン銀行、ゆうちょ銀行での返済も可能です。しかしセブン銀行やゆうちょ銀行は手数料が発生します。

返済日について

毎月10日、銀行休業日の場合は翌営業日に自動引き落としとなります。しかし約定返済以外にも、随時返済をすることも可能で希望した金額を返済することができます。しかし随時返済をしても、約定返済がなくなることはないので注意が必要です。

返済額について

とやまカードローンスピード王MAXは返済額は10万円以下で3,000円、10万円から20万円以下で5,000円となり無理のない返済計画を立てられます。

富山銀行カードローンは貸越残高が1万円未満であれば前月10日現在の貸越残高、1万円以上50万円未満であれば、返済額は1万円となります。

貸越残高とは、預金残高を越えて融資をしている状況で、マイナスとなっている残高をいいます。つまりマイナスになっている残高の金額次第で、返済額が決定します。

まとめ

富山銀行の一般のカードローンは、カードローンととやまカードローンスピード王MAXの2種類があります。富山銀行カードローンは、申請時の条件また融資の限度額がいずれも厳しく、初心者の方であればとやまカードローンスピード王MAXがおすすめです。

しかしいずれも富山銀行の口座を作る必要があり、富山銀行の営業範囲である富山県もしくは石川県に住んでいる、もしくは就業している必要があります。

金利も富山銀行カードローンが11%、とやまカードローンスピード王MAXが4.5%~14.6%と大手金融に対して低い程度です。そのためいずれのカードローンもメリットはさほど大きいとは言えません。

 地元の銀行だから、で選んでいませんか?
あなたの希望を満たしてくれるカードローンとは?
地元の富山銀行だから安心!でも、必ずしもあなたの希望を満たすとは限りません!

即日融資が可能だったり金利が低かったり、もっと利便性が高いカードローンがあるかもしれません。

あなたにおすすめのカードローンは

今すぐに借りる
早さより低金利