3Cとは信用を勝ち取るために審査基準

3Cとは、Character(性格)・Capacity(返済能力)・Capital(資産)の頭文字のCを取って3Cとされています。

 

3Cはカードローンを申込みをしたときの審査や、クレジットカード発行時など、信用に関連する審査で用いる審査基準で、この3Cの評価が悪いと審査落ちしてしまいます。

 

「3Cとは一体なんのことで、どんな基準なの?」という人に、わかりやすく3Cについてご紹介していきます。

 

Character(性格)

誰かからお金を貸してと頼まれても、浪費癖があったり、約束を守らないことが多かったり、人間的に信頼できない人であれば、貸したいとは思いませんね。

 

銀行や消費者金融がお金を貸す時にも同様で、信頼できる人にしかお金を貸してくれません。

 

お金に関連する審査では、信用情報機関に申し込み者の個人信用情報を問い合わせますが、信用情報の中に、返済の遅延が度々あれば「返済をしてくれない人物」ということで審査落ちしてしまいます。

 

申し込みの際に他社借り入れや他社借入残高の総額、年収を申告しますが、これらの情報を偽って書く人も信用できない人とみなされ審査には通る事ができなくなるので、お金を借りる際の申込み時には、虚偽・間違いがないようにすることが重要です。

 

どんなにお金を借りたいと思い年収をごまかしても、申込み者が、どのぐらいお金を借りているのか、総額は信用情報機関に登録されているので筒抜けです。

 

これはお金を借りる際に限ったことではないですが、信用できない人にお金を貸すのはいやですよね?

 

スムーズにお金借りる、ローンを組みたいのであれば、ウソをつかず正直に申込み記入をするのはもちろん、情報に間違いがないように注意しましょう。

 

Capacity(返済能力)

お金を貸しても返してもらえる可能性が低いという理由でCharacterとは別にCapacityの審査基準が設けられています。

 

銀行や消費者金融はお金を貸したら当然、全額回収したいとと思っています。

 

収入に対して借入れ総額が多すぎる人は、返済能力が低い、もしくはないと判断され審査通過できませ。

 

また、年収や雇用形態、勤務先なども返済能力を判断する要素になります。

 

大企業に正社員として長年働いている人なら返済能力が高いとみなされ、逆に自営業や水商売に携わる人、勤続年数が半年未満という人は、収入が安定しないということで審査時には不利になる傾向があります。

 

Capital(資産)

資産は住居のことですが、住宅ローンが終わっている持ち家の人は審査に有利になります。

 

持ち家がある=返済が滞っても担保があるので、Capitalがある事で他の基準の審査がゆるくなる場合もあるようです。

 

ちなみに賃貸であっても、居住年数が長ければCapacity(返済能力)があると判断されれば評価がよくなります。

 

社宅の場合も住居にかかる費用が少ないということで、審査には有利になります。住居以外の車や貴金属などの資産に関しては、申し込みの際に申告することがないので考慮されません。

 

最後に

3Cについて理解していただけたでしょうか?

 

簡単にまとめてしまえば「自信をもって信頼してもらえる人になれ!」ということなんですが、お金を借りる時だけいい人では意味ないですし、完璧な人間なんかいません。

 

一長一短があるのは当然ですが、出来るかぎり信頼を落とさない事が重要です。3Cをバランスよく保ってスムーズな審査通過ができるように日々のちょっとした事を気を付けていきましょう。

 

今日中にお金を借りるための情報

お金借りるトップページ