横浜銀行カードローンの審査結果が来ない?審査時間や審査の厳しさを徹底解説!

今回は低金利で有名な「横浜銀行カードローン」について説明していきたいと思います!

そんな中でも今回は「審査」について徹底解説していきます。

審査にかかる時間ってどのくらい?
横浜銀行カードローンの審査はめちゃめちゃ厳しいんじゃないの?
審査結果がなかなかこないって本当?

こんな審査にまつわる疑問や不安を解消していきたいと思います!

◯横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローン

金利 限度額 審査速度
年1.9%~14.6% 10万~1000万 最短翌営業日

◯横浜銀行カードローンの特徴を20秒で紹介!

  • 神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県の前橋市、高崎市、桐生市に在住の方のみ利用できる!
  • 銀行カードローンの中でもトップクラスの低金利!
  • 審査時間は最短即日!

横浜銀行カードローンの審査は厳しい?甘い?難易度を徹底解説!

まず最初に説明していくのは横浜銀行カードローンの「審査の難易度」について説明をしていきます!

おそらくのカードローンを検討している方にとって最も気になる部分だと思いますが、
結論からお伝えすると、横浜銀行カードローンの審査は厳しいです。

銀行カードローンのような金利の低いカードローンの審査は、消費者金融カードローンと比較して、審査が難しいです。

◯横浜銀行カードローンと大手消費者金融カードローンの金利比較

カードローン名 金利
横浜銀行カードローン 1.9%~14.6%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 4.5%~18.0%

金利が低い = 審査が難しい」という認識を持っておきましょう!

しかし!審査が「厳しい」「難しい」と言われていても、横浜銀行カードローンの申し込み条件を見るとパートアルバイトの方でも利用することが出来るのです。

実際に、パートやアルバイトの方が審査に通過し、借入に成功した事例もあるので一概に審査が厳しいというわけでもないようです。

審査に通過した人の体験談を直接見たい方はコチラ!
「横浜銀行カードローンの審査の口コミを一挙公開!」

つぎに、審査に申し込む際に重要な「申し込み条件」について詳しく見ていこうと思います!

審査の申込み条件を最初に確認!

横浜銀行カードローンだけでなく、カードローンの審査に通過するために、まずはじめに確認しなくてはいけないのが審査の「申し込み条件」です。

この申込条件を満たしていないと、いくらカードローンに申込んだところで審査を受ける前に否決されてしまいます。

横浜銀行カードローンの審査申し込み条件
  1. ご契約時満20歳以上69歳以下の方
  2. 安定した収入のある方、およびその配偶者
    (パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
  3. 次の地域に居住または勤めている方
    • 神奈川県内全地域
    • 東京都内全地域
    • 群馬県内の以下の市
      前橋市、高崎市、桐生市
  4. 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
  5. 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方
これらの条件を満たしていないと審査を受けることができません。

中でも注目したいのが条件の2番4番です。

まず2番の「安定した収入のある方、およびその配偶者」ですが、審査に厳しいと言われている横浜銀行カードローンでは、年収制限がなかったり、専業主婦やパート・アルバイトの方でも、安定した収入さえあれば借入することが出来るという点で、意外と申し込み条件のハードルは高くないように思えます。

次に4番ですが、「SMBCコンシューマー・ファイナンスの保証が受けれる方」と明記されているので、過去にプロミスが保証会社のカードローンなどで金融事故を起こしている方は審査に申し込んでも否決の可能性があるということなので注意が必要です。

横浜銀行カードローンの審査にかかる時間はどのくらい?

次に横浜銀行カードローンの審査時間について解説していきます!

審査に申し込んだけどなかなか結果が来ない
出来るだけ早く借入したい
などいろいろな不安や疑問に答えていきたいと思います!

横浜銀行カードローンの審査結果は原則は「最短翌日」!

横浜銀行カードローンの審査にかかる時間、審査結果までにかかる時間は原則「最短翌日」となっています。

なので、申し込みをしたその日に審査結果を得ることはできず、審査に申し込んだ翌営業日に連絡が来るということです。

土日や休日を挟む場合や混雑時は審査結果が遅れる?

2日以上経っても審査結果が来ない…
という声もよく耳にします。

そのような状況として考えられるのが以下の状況です。

2日以上経っても審査結果が来ない理由
  • 土日祝日にカードローン申し込みを行った
  • 混雑時に申し込みを行った

土日祝日に申し込みを行った場合ですが、横浜銀行カードローンでは土日祝日に審査を行うことができません。そのため、週明けの営業日に審査を行いその後審査結果の連絡となります。

同様に混雑時に申し込みを行った場合も審査結果が遅れる場合があります。

混雑時、つまり申し込みが殺到する時期や、期間というものがあります。
給料日前(20~24日あたり)」や「GWのような連休前」はカードローン申し込みが殺到する時期なので、審査結果の連絡が遅れることがしばしばあります。

ただ、2日以上経っても、なかなか審査結果がこない場合は横浜銀行カードローンプラザに連絡して見るのも一つの手です。

◯横浜銀行カードローンプラザの電話番号
045-225-1981
(受付時間:銀行営業日の午前9:00~午後7:00)

審査結果がなかなか来なくても、「審査に落ちた」というわけではないので、連絡をしてみましょう!

横浜銀行カードローンの審査結果は電話連絡のみ!

横浜銀行カードローンの審査結果は電話連絡のみになっています。

例外的に、「WEB完結契約」の場合、メールでの審査結果連絡のになる場合もあります。

基本的には「審査結果をメールでもらいたい」といった要望は受け付けていないので、「平日の日中は仕事で携帯電話が使えない」という方は、掛かってきた電話番号に掛け直して対応する、もしくは再び電話が来るのを待つしかありません。

横浜銀行カードローンの審査の流れを簡単に紹介!

実際にどうやって横浜銀行カードローンに申し込むのか、審査の流れを紹介していきたいと思います!

簡単&スピーディーな24時間365日受付の「WEB申し込み」を紹介していきます。

◯横浜銀行カードローンの申し込み・審査の流れ

STEP1
申し込み
→横浜銀行と取引が一切なくても申し込み可能
→横浜銀行の普通預金口座がある場合は「WEB完結契約」が可能!
STEP2
審査
→必要なものとして「本人確認書類」と「収入証明書」を用意し、アップロード・郵送・FAXで送付する
→審査終盤で「在籍確認」が行われる
STEP3
審査結果の連絡
→最短で翌日に連絡。登録した電話番号への電話連絡。
STEP4
契約手続き
→契約書類は郵送もしくはFAX
→「WEB完結契約」の場合はWEB上で手続き可能
STEP5
カード発行
→「横浜銀行カードローン」カードが郵送で送られる。
→カード到着次第、カードローン利用可能!
利用者本人が「審査にどのくらい進んでいるのか?」「何が原因で落ちてしまったのか?」などの審査状況について具体的に知るとこはできません。

「申し込み」から、「審査結果の連絡」、および「カードの利用」までの審査時間はどちらも最短翌日となっていますが、こちらも具体的な時間を確認することはできません。

横浜銀行カードローンでは在籍確認は必須!

在籍確認は横浜銀行カードローンの審査において必須事項となっています。

在籍確認を通して周りにカードローンのことがばれるのではないか…
と不安になる方も少なくないかと思います。

在籍確認自体は「個人名」での電話で行われるため職場にバレる心配はありません!

在籍確認でばれないようにする言い訳や、実際の在籍確認の場面を詳細に説明した情報を下記に載せるので、在籍確認が不安な方は是非参考にしてみてください!

どうしても職場への電話は避けたい…」といった場合は「申し込み時」もしくは「審査書類提出時」に「電話意外の方法での在籍確認をしたい!」という旨を伝えることで、代替措置をとってくれる可能性もあります!

横浜銀行カードローンの審査落ちの原因とは?解決策も一緒に提示!

横浜銀行カードローンに落ちてしまう人の特徴・原因とその解決策について説明をしていきたいと思います。

原因1「安定した収入があると判断されなかった」

審査落ちの原因で一番多いのが「収入が安定していなかった」場合です。

審査落ちしてしまう収入の例
  • 毎月の収入に大きな差がある
  • 雇用形態が安定していない
  • 収入が低く、借入希望額と差がある
  • 勤続期間が極端に短い
上記の例に当てはまる場合は、横浜銀行カードローンの審査に通過するのは厳しいでしょう。

これに対しての解決策としては、アルバイトでもいいので勤続2ヶ月以上の勤務実績を作り、安定的な収入があることを証明できるようにしましょう!

原因2「過去5年以内に金融事故を起こしている」

過去に金融事故を起こしてしまうと信用情報に傷が5年間残ります。

金融事故の例
  • 三ヶ月以上の長期延滞をした
  • 債務整理をした
  • クレジットカード、携帯電話の強制解約させられた

上記の例に当てはまる場合は、金融事故を起こしてから5年間は「ブラック」として扱われるため、基本的に他のカードローンに申し込みをしても基本的に審査に通過することは厳しいでしょう。

ブラックになってしまった時の解決策は、「5年経つのを待つ」しかないです。
ただ、横浜銀行カードローン以外であれば、中小消費者金融機関などでブラックでもお金を借りれる場合があります。

以下に情報をまとめておいたので気になる方はチェックをしてみてください!

原因3「プロミス関連で問題を起こした」

え、なんでプロミスが関係あるの?

横浜銀行カードローンの審査を行う保証会社は「プロミス ( SMBCコンシューマー・ファイナンス )」なんです。

なので、プロミスでの返済の延滞であったり、プロミスが保証会社としてカードローンを提供している会社の審査に落ちてしまった場合は審査に通ることは難しいです。

この場合は、保証会社がプロミスではないカードローンであれば、借入できる可能性があるので、他のカードローンを検討してみるのが得策です。

以下に耳寄りなカードローン情報を載せているので是非参考にしてみてください!

原因4「他社借入件数が4件以上ある」

次に他社借入件数です。

横浜銀行カードローンでは明確に借入件数について明記はしていないのですが、借入額にかかわらず、4件以上他社借入をしてると審査に通過することができません。

多くのカードローンからお金を借り入れをしていると返済能力が低いという判断をされてしまいます。

2~3社もグレーゾーンではありますが、審査に通過することもあるそうです。

この場合は、出来るだけ他社借入件数を減らしてから審査に臨むようにしましょう!
具体的な方法としては、複数の他社借入を一本化出来る「おまとめローン」を活用するのが一番の得策です!

おまとめローンの具体的な内容やおまとめローンにおすすめのカードローンを紹介しているので、チェックして見てください!

原因5「申込み内容に不備がある場合」

盲点なのが「申込み内容の不備」です。

単に住所の間違いや、電話番号の間違いなど、些細な誤入力と思いがちですが、
審査をする側からすると、虚偽申告の可能性も十分にあると考えられてしまいます。

なので、情報入力には細心の注意を払って、見直しをしてから申し込みをしましょう!

横浜銀行カードローンの増額審査は難しい?

ここでは横浜銀行カードローンの増額審査について説明していきます。

他のカードローンと比較しても、横浜銀行カードローンは限度額が1,000万円とかなり高額まで借り入れすることができます。

◯カードローン限度額比較!

カードローン名 限度額
横浜銀行カードローン 1,000万円
三菱UFJ銀行カードローン 500万円
三井住友銀行カードローン 800万円
みずほ銀行カードローン 800万円
アコム 800万円
プロミス 500万円
アイフル 800万円

また、限度額が高ければ高いほど金利が下がっていく仕組みなので、増額すればするほどよりお得にカードローンを利用することが出来るのです!

◯横浜銀行カードローンの限度額と金利の関係

借入限度額 金利
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.9%

カードローンの増額はメリットがたくさんありますが、利用者から増額申請をして審査に通過するのはかなり厳しいです!

増額申請が通過する条件として下記の項目が挙げられます。

カードローン増額申請で審査に通りやすい状態
  • 「収入が多くなった」「持ち家を購入した」など自分の属性が良くなった場合
  • 延滞することなく返済を続け、カードローンの利用実績を十分に積んだ場合

増額案内のハガキ・メール・電話が来たらチャンス

横浜銀行カードローンを継続的に使用し利用実績を作っていると、横浜銀行カードローン側から増額の案内が届きます

増額案内が届いたときが増額の一番のチャンスです。

横浜銀行カードローン側としては、利用者が増額申請をしても審査に通ると見込んで増額案内を送っているので、よほどのことがない限り審査に通ります。

なので、増額をしたい場合には横浜銀行カードローンを返済に遅れずに利用し続け、増額案内が来るのを待つのが一番の得策であるといえますね。

横浜銀行カードローンの審査の口コミを一挙公開!

ここからは実際に利用した方の、横浜銀行カードローンの審査の口コミを紹介していくので、是非参考にしてみて下さい!

Yさん(男性 / 30代 / 正社員)
年収:600万円くらい
借入金額:20万円
資金用途:結婚式費用の立替
審査時間:申し込みの翌日に審査結果が出た

Yさん

神奈川県に会社があり、給与振り込みなども全て横浜銀行だったので、金利が優遇されるということだったので、利用しました。現状の適用される金利などの話をすごく丁寧にしてくれたところは良かったと思います。ネットで登録してから1週間以内には手続きが終わっていたので、意外と審査が厳しいイメージはないです。
Aさん(女性 / 20代 / 自営業)
年収:350万円
借入金額:50万円
資金用途:教育資金
審査時間:翌日に審査結果が出た

Aさん

自営業の仲間におすすめされて、実際にインターネットの広告を見て低金利だったので利用しました。対応してくださったお電話口の方の対応がとても丁寧でした。友達含め、自営業でもすんなりと融資が受けられたので、審査はそんなに厳しくないと感じましたが、審査基準はあくまでもローン会社なので審査がやさしいとは言い切れないです。
いかがだったでしょうか?

正社員の方はもちろん、自営業の方でも、横浜銀行カードローンの審査にすんなりと融資が受けれたとのことですが、年収と借入希望額などを参考にして申込んでいただければと、思います!

横浜銀行カードローンの審査まとめ!

ここまで横浜銀行カードローンの審査について説明をしてきましたがいかがだったでしょうか?

最後に今回の記事で重要なことを簡単に箇条書きにしてまとめたいと思います!

横浜銀行カードローンの審査まとめ
  • 横浜銀行カードローンの審査は消費者金融カードローンよりも厳しい!
  • 横浜銀行カードローンの審査時間は原則「最短翌日」!
    (土日に審査申込した場合は2日以上かかる場合もある)
  • 審査結果の連絡は電話のみ!

◯横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローン

金利 限度額 審査速度
年1.9%~14.6% 10万~1000万 最短翌営業日