郵便局でお金借りる方法はゆうちょ!

郵便局ときくと郵便を出したり、切手を買ったりするイメージですよね。

 

最近ではゆうパックのサービスも利用者がふえていて盛んですが、どちらかというと郵便局=ものを届けてくれるところというイメージが強いですが、金融についてもサービスがあります。

 

それがゆうちょです。「ゆうちょ銀行」ときけば「ああ!郵便局の銀行だよね」となるかと思います。

 

ゆうちょとは郵便貯金のことで、郵便局を窓口として提供される貯金事業の事をさします。「ゆうちょは郵便局が運営している銀行」と思っていれば大丈夫です。

 

ゆうちょ(郵便貯金のイメージ)

 

そんな郵便局のゆうちょでは「積立貯金」や通所・定期・定額をはじめ、いろんな方法で貯金できる事をしっている人は多いかもしれないですが、郵便局でも銀行とおなじようにお金を借りる事ができるって知ってますか?

 

「そんな事は知ってるよお!」という人は大丈夫ですが、管理者の私はお金を借りた時に郵便局の存在を知りませんでした。なのでゆうちょのカードローンについて知らない人も多いはずと思い、当サイトではあえてご紹介ページを作成しました。

 

郵便局が取り扱っている「したく」のサービスとお金を借りる方法を簡単にご紹介します。

ゆうちょ銀行のカードローン「したく」について

郵便局でお金を借りるにはゆうちょ銀行を利用します。ゆうちょ銀行には「したく」というカードローンがあり、年利は7.0〜14.9%、限度額は10万円〜500万円です。

 

ゆうちょのカードローン「したく」

 

ただし、はじめてゆうちょでお金を借りる際の利用限度額は300万円です。

 

入会金や年会費は一切必要ありませんが、この商品はスルガ銀行のもので、ゆうちょ銀行はスルガ銀行のローンの契約の仲介をしているだけという扱いになります。

 

ですから、実際はゆうちょ銀行との契約ではなくスルガ銀行とお金を借りる契約をすることになります。

 

カードローン「したく」でお金を借りる人の資格は、銀行カードローンと同様に年齢が満20歳以上満70歳以下で、かつ安定した収入のある人です。使い道は自由ですが借りたお金を事業資金に充当することはできません。

ゆうちょの「したく」でお金借りる方法

ゆうちょ銀行の「したく」でお金を借りるには、

 

したくローンサービスセンターに電話
したくを取り扱っているゆうちょ銀行窓口での申込み
WEBページからの申込み

 

上記3つの方法の中から都合の良いものを選んで申し込み手続きをすることができます。

 

WEBで申し込む場合は、郵便局のゆうちょ銀行カードローンページ内にある
ローン・貸付けページにアクセスをしてお金を借りれるか確認をしてください。

Webでの申込みから借入れまでの流れ

 

申込みボタンを押すとスルガ銀行のサイトが開かれます。

 

ページの案内にしたがって住所・氏名・生年月日など必要事項を入力したうえで送信すると仮審査の申込みは完了。電話または郵送で申込み審査の結果を連絡してくれます。

 

※お金を借入れするための申込書の郵送先は申し込みの時に、「自宅」「勤務先」のどちらにするか選択できるので、ご自身の状況にあった方を選択してください。

 

仮審査に通った場合は申込書が送られてくるので、必要事項を記入してから指定の必要書類を同封して返送してください。本人確認書類として使用できるのは、運転免許証や顔写真付き住基ネットカード、個人番号カードなどです。

 

健康保険証やパスポートを使用する場合は、書類に加えて公共料金の領収書が必要になります。※本人確認書類をコピーする際には、必要部分が鮮明に映っていることを確認してください。

 

本審査を無事に通過すると「したく」でカード発行をして郵送してくれるので、あとはお金を借りる必要がでてきた際に上手に利用してくださいてください。

「したく」の借入方法と返済方法

無事にカード発行ができたら、あとはいつような時に、郵便局に設置されているゆうちょ銀行ATMから借入れの申込みをしてください。

 

また借入れしたお金を返済するときも同様で、郵便局に設置されているゆうちょ銀行ATMから返済をするか、スルガ銀行、そしてセブン銀行、E-netなどゆうちょに対応しているコンビニ提携ATMから、毎月の決まった返済額を振り込めば大丈夫です。

 

お金を借りるについてもっと知りたい人はこちら!

お金借りるトップページ